【ファーム情報】清宮、リーグトップタイ17号 涌井は好投8回1失点

[ 2018年8月19日 18:28 ]

 プロ野球のファームは19日、ファーム交流戦を含めた計6試合が行われた。

 ロッテはヤクルト戦(ロッテ浦和)に4―1。2軍調整中の先発・涌井は8回5安打1失点の好投で1勝目を挙げた。三家が4号ソロを含む3安打。ヤクルト先発・星は5回3安打2失点で1敗目(5セーブ)。

 楽天はDeNA戦(平塚)に3―1。山崎が3安打、フェルナンドが2安打1打点。先発・西口は8回7安打1失点で3勝目を挙げた。DeNA先発・中川虎は5回5安打3失点で4敗目(3勝)。打線では飛雄馬、中川大が2安打。

 西武は巨人戦(西武第2)に延長10回、3―2でサヨナラ勝ち。9回に高木渉の5号ソロで同点に追い付き、延長10回に呉年庭がサヨナラの中前打を放った。先発・川越は3回3安打2失点。8番手・松本が1回無安打無失点で1勝目(2敗2セーブ)を挙げた。巨人は中井が2号ソロ。先発・桜井は6回2/3を6安打1失点だった。

 広島はオリックス戦(由宇)に5―4。メヒアが12号2ランなど2安打、堂林も2安打2打点だった。先発・福井は4回7安打2失点。オリックスは先発・東明が4回6安打4失点。宗が3安打、山足が2安打3打点だった。

 ウエスタン首位の阪神は中日戦(ナゴヤ)に3―1。先発・青柳が5回2安打無失点6奪三振で7勝目(2敗)を挙げた。中日は2番手・山本拓が4回3安打2失点で勝ち星なしの5敗目。

 ファーム交流戦のソフトバンク―日本ハム戦(タマスタ筑後)は2―2で9回引き分け。ソフトバンク先発・島袋は2回2/3を2安打2失点。日本ハムは先発・田中瑛が3回3安打2失点。ドラフト1位・清宮は「3番・DH」で出場し、初回にリーグトップタイとなる先制の17号2ランを放つなど3打数1安打2打点だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月19日のニュース