大谷、代打で豪快3ラン!7回にメジャー2度目の代打弾

[ 2018年8月19日 14:09 ]

ア・リーグ   エンゼルス11―7レンジャーズ ( 2018年8月18日    アーリントン )

<レンジャーズ・エンゼルス>7回1死一、二塁、中越え3ランを放つ代打・大谷(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が18日(日本時間19日)、敵地アーリントンでのレンジャーズ戦の7回に代打で出場し、8試合ぶりのアーチとなる13号3ランを放った。今月7日(同8日)のタイガース戦の初回に逆転12号3ランを放って以来の一発はメジャー2度目の代打弾となった。エンゼルスは11―7で勝利した。

 大谷は、1点リードの7回1死一、二塁の場面で代打で登場し、レンジャーズ2番手の右腕・バトラーと対戦。2ボール1ストライクからの4球目の高めの直球をフルスイングし、バックスクリーン左に運んだ。代打本塁打は、7月8日(同9日)のドジャース戦の7回に中越え7号ソロを放って以来。貴重な追加点を叩き出し、チームを勝利に導いた。

 大谷はメジャー移籍後、この試合まで打者として69試合に出場し、打率・264、12本塁打、35打点。このうち代打出場は16試合で、13打数4安打、打率・308だった。日本では、代打で打率・288、4本塁打、13打点の成績を残していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月19日のニュース