報徳学園・小園「悔しい」無安打&失策 “日本一のショート”は夢のプロで

[ 2018年8月19日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第14日・準々決勝   報徳学園2―3済美 ( 2018年8月18日    甲子園 )

<済美・報徳学園>9回2死二塁、済美・芦谷の中前適時打に飛び込む報徳学園・小園だったが及ばず  (撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト1位候補の報徳学園(東兵庫)・小園は3打数無安打で、8年ぶりの4強を逃した。

 「厳しいところに投げられて、打つことができなかった。結果を残せなくて悔しい」

 1点を追う5回1死一、三塁では空振り三振。打撃不振が影響したのか、9回先頭打者の正面のゴロを失策。2死二塁からは、二遊間への打球が飛び込んだグラブの先を抜け3点目を許した。

 16日の愛工大名電(西愛知)戦では高校初という3三振。試合後には軽い熱中症で37・5度の発熱があった。点滴治療を受け、対策に味噌汁を2杯飲んで臨んだが、勝利に導けなかった。

 「この悔しさをこれからの野球人生に生かしたい。甲子園には球場を沸かせる選手になって帰ってきたい」。帽子のツバに書いた「日本一のショート」の夢はプロで果たす。 (石丸 泰士)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月19日のニュース