ソフトバンク、終盤突き放して3連勝 今宮&松田宣が3打点大暴れ

[ 2018年8月19日 17:04 ]

パ・リーグ   ソフトバンク8―4オリックス ( 2018年8月19日    京セラD )

<オ・ソ18>3回に同点の適時二塁打を放つ今宮(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが終盤にオリックスを引き離し、同一カード3連勝とした。

 先制したのはオリックス。初回、2本の長短打と四球で2死満塁とし、T−岡田の押し出し四球で1点を先取。1点を追うソフトバンクは3回1死二塁から、今宮が自身3試合連続打点となる中越え適時二塁打を放って同点に追いついた。

 両軍ともに追加点を奪えない中、ソフトバンクが8回1死から松田宣の中越え二塁打で勝ち越し。直後に同点とされたが、9回に今宮の2ラン、松田宣の2点適時二塁打などで一挙6点を奪い試合を決定づけた。

 今宮は「今までチャンスで打てなくても応援していただいていたので、期待に応えられてよかった」と笑顔。9回の本塁打について「犠牲フライかと思いましたが、声援のおかげで入りました」とファンに感謝した。

 オリックスは先発の松葉が7回5安打1失点と好投したが、中継ぎ陣が打たれて3連敗となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月19日のニュース