阪神・小野“V撃”7勝 高難度のサインプレーで値千金初打点

[ 2018年8月19日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神4―3ヤクルト ( 2018年8月18日    神宮 )

<ヤ・神>4回、中村を併殺に抑え、北條(左)を迎える小野 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 課題が残る途中降板でも、阪神・小野が勝ち運を持っているのは見逃せない事実。ヤクルト戦に先発し5回0/3を7安打3失点も、自身初となる登板3試合連続勝利で今季7勝目を挙げた。

 「6回のあそこですね。5回何とかピンチをしのいで抑えていたので。展開的にもっと長いイニングを投げないといけなかった。そこで替わったのは反省です」

 同点の5回、前回先発対決した7月27日の一戦で決勝アーチを許した先頭のカラシティーに中前打され、坂口に二塁打を許し無死二、三塁。ここから青木を147キロ直球で遊ゴロに打ち取り本塁突入したカラシティーはタッチアウト。1死一、二塁となり山田哲をスライダーで空振り三振。バレンティンは初球146キロ内角直球で二ゴロに仕留め無失点で切り抜けた。直後の攻めで鳥谷、梅野の連続アーチが飛び出し、リードが3点に広がった6回に制球を乱した。先頭の雄平から連続四球を与え宮本には左前打され無死満塁を招くと、金本監督から交代を告げられた。

 一方で、この日は決して得意ではない打撃で自らを助けた。1―1の4回1死一、三塁で4球目に一塁走者・梅野が二盗成功。カウント2―2と追い込まれた場面で三塁ベースコーチの高代コーチのサインを確認すると148キロの直球を一塁方向にたたきつける一ゴロの間に三塁走者の伊藤隼を迎え入れた。プロ初打点となる勝ち越し打が、そのまま決勝打となった。

 「小野がサインをわかるかなと思ったけどね。高代さんがうまいこと(出してくれた)ね。難しいね。ピッチャーが打席で複雑なサインというのはね」。金本監督も、投手においては難易度の高いプレーを忠実に実行した小野を称え、安堵(あんど)の表情を見せた。(長谷川 凡記)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月19日のニュース