ハム逆転負け 栗山監督のWリクエスト実らず 拙攻で流れ一変

[ 2018年8月19日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム6―7西武 ( 2018年8月18日    メットライフD )

<西・日>6回2死満塁、失策で生還した三走・中島とハイタッチする栗山監督(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 日本ハムは拙攻を繰り返して流れを逸した。2点リードで終盤を迎えたが、7回無死一、二塁で田中賢が送りバントを失敗し、続く渡辺が遊ゴロ併殺。8回1死満塁は近藤が二ゴロ併殺に倒れた。直後、栗山監督は二塁と一塁の判定をダブルでリクエストしたが、ともに判定は覆らず。8回にトンキンが3失点で逆転負けを喫した。首位と5・5ゲーム差となったが、指揮官は「勝ち切れないのは監督の責任。しっかりやります」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月19日のニュース