金足農・佐々木夢 1点目も“お家芸”スクイズで奪った

[ 2018年8月19日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第14日・準々決勝   金足農3―2近江 ( 2018年8月18日    甲子園 )

<金足農・近江>5回1死三塁、スクイズを決める金足農・佐々木夢(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 5回に金足農(秋田)の2番・佐々木夢が一時同点のスクイズを決めた。2ボールから一度試みて失敗するも、次の球を投前へ転がした。

 「一度失敗したけど走者に助けられた」。9回に斎藤が決めた2度目のスクイズで逆転サヨナラとなり、佐々木夢は「諦めなかったのが、9回につながった。雪国だからこそ我慢強くなった」と胸を張った。

 ▼金足農・高橋(9回先頭で左前打)いつも同じ電車(秋田線)で通学する大友と打川に打席に入る前に「秋田線の力を見せてやれ」と言われ、気合が入った。

 ▼金足農・菊地亮(9回、四球でつなぐ)斎藤は人一倍バントの練習をしていたから、絶対スクイズだと思った。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月19日のニュース