ヤクルト・カラシティー来日初黒星 自力V1日で再消滅

[ 2018年8月19日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト3―4阪神 ( 2018年8月18日    神宮 )

<ヤ・神>6回1死、鳥谷に左越えにソロ本塁打を打たれたカラシティー (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 開幕6連勝でここまで無敗だったヤクルトのカラシティーが2発に泣いた。4回まで粘って2失点にしのいだが、6回に鳥谷、梅野の2者連続アーチを浴びて来日初黒星。

 梅野には初球をバックスクリーンへ運ばれ、「2本のホームランは防がないといけない場面だった」とうなだれた。打線も1点差の9回2死満塁まで追い詰めたが届かず。連勝は2で止まり、自力優勝の可能性も1日で再消滅した。

 ▼ヤクルト・宮本(ドラフト6位ルーキー。7番・三塁でプロ初先発し、プロ初安打を含む2安打)毎日、生き残っていくのに必死なので、明日からも続けていきたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月19日のニュース