大阪桐蔭・根尾 藤原とまたアベック弾 ライバル心が生んだ

[ 2018年8月19日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第14日・準々決勝   大阪桐蔭11―2浦和学院 ( 2018年8月18日    甲子園 )

<浦和学院・大阪桐蔭>2回1死、大阪桐蔭・根尾が左中間に先制本塁打を放つ(投手・渡辺)(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 先発マウンドに上がった自らを助ける先制ソロだった。大阪桐蔭(北大阪)の二刀流・根尾は2回に渡辺の140キロ直球を左中間へ運んだ。高校通算29号。逆方向に打ち返し「ショートの頭上に打つのが、自分の持ち味。いいスイングができたし、風にも乗りました」と会心の笑みを浮かべた。

 沖学園との2回戦に続く藤原とのアベック弾。互いのライバル心が生みだしたもので「自分が打つと、藤原は狙って打つし、めちゃめちゃ打つ。自分は意識していないですが、藤原は凄いと思うし、さすが」と言った。

 投げては5回2失点と先発の役目を果たした。ただ、決して満足していない。無失点で迎えた5回は、この日最速の148キロを計測したが、抜け球が増えて2失点。「ボール先行でリズムを悪くしてしまった。野手に助けてもらった。後ろに(エースの)柿木がいてくれたし、みんなのおかげです」と感謝した。

 酷暑の甲子園でも、アンダーシャツは長袖を着用するのが根尾の流儀。これは野球を始めた幼少期から続けており、練習の時も長袖を着用している。「逆に半袖の方が汗が出ますし、変えない方がいい」。頂点まであと2つ。どこまでもぶれない男の目にははっきりと頂点が見えている。(吉仲 博幸)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月19日のニュース