バレンティン30号&100打点到達「最低限の目標は達成できた」

[ 2018年8月19日 22:02 ]

セ・リーグ   ヤクルト8―5阪神 ( 2018年8月19日    神宮 )

<ヤ・神>1回2死一塁、バレンティンが左中間に先制2ランを放つ (撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 打ち勝ったヤクルトはバレンティンが1回に左中間席中段へ先制30号2ランを放ち、4得点した3回は適時二塁打で100打点目。来日8年で7度目の30号には「完璧だった。シーズンの最低限の目標は達成できた。これからもチームのために一本でも多く打っていきたい」と喜びを口にした。

 7回途中4失点と粘った石川が6月12日以来の5勝目を挙げた。

 追い上げた阪神は3回の岩田の危険球退場が響いた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年8月19日のニュース