【伊東勤氏 視点】四球見極めたおかわり 1勝の倍の価値生んだ

[ 2018年8月19日 08:33 ]

パ・リーグ   西武7―6日本ハム ( 2018年8月18日    メットライフD )

<西・日>勝利しハイタッチをかわす山川、ヒース、中村、森(左から)ら西武ナイン(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 西武が8回に逆転した。左中間三塁打で試合をひっくり返した金子侑も、スライダーに食らいついてよく打ったが、最大のポイントは1死一、二塁から四球を選んだ中村だった。

 初球ファウル。2球目は止めたバットにボールがかすって、たちまち0―2と追い込まれた。2回には左翼席最上段へ2ラン、6回にも左前打を放っている。打って決めたかったに違いない。だが、低めの誘い球を我慢して見逃し、最後は抜けた内角のスライダーを見極めて後ろにつないだ。これが大きな勝利を呼び込んだ。

 5・5ゲーム差で迎えた日本ハムとの3連戦。前夜の初戦はエース雄星で落とし、この日も序盤で3点先行しながら逆転を許す苦しい展開。もし、3タテを食らえば1カードで逆転可能な2・5差になるところだった。西武にとっては3連敗しなければよかった3連戦で、最悪のケースを免れる逆転勝ち。普通の1勝の倍くらいの価値がある。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月19日のニュース