大谷「積極的にいきたかった」 豪快フルスイングでメジャー2度目代打弾

[ 2018年8月19日 16:07 ]

ア・リーグ   エンゼルス11―7レンジャーズ ( 2018年8月18日    アーリントン )

<レンジャーズ・エンゼルス>7回1死一、二塁、中越え3ランを放ちカルフーンに迎えられ、お辞儀をして握手を交わす代打・大谷(左)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が18日(日本時間19日)、敵地アーリントンでのレンジャーズ戦の7回に代打で出場し、8試合ぶりのアーチとなる13号3ランを放った。今月7日(同8日)のタイガース戦の初回に逆転12号3ランを放って以来の一発はメジャー2度目の代打弾となった。

 大谷は、1点リードの7回1死一、二塁の場面で代打で登場し、レンジャーズ2番手の右腕・バトラーと対戦。2ボール1ストライクからの4球目の高めの直球をフルスイングし、バックスクリーン左に運んだ。代打本塁打は7月8日(同9日)のドジャース戦の7回に中越え7号ソロを放って以来。貴重な追加点を叩き出し、チームを勝利に導いた。

 ▼大谷の話 チャンスだったので積極的にいきたかった。いいスイングをしているときは比較的、打球が上がりやすい。その方が(投球とのバットの)接点も多くなるし、いい傾向だと思う。芯付近だったので(スタンドに)行ってほしいと思って走っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年8月19日のニュース