ロッテ・ボルシンガー 防御率1、2位対決制した!8回零封13勝

[ 2018年8月5日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ3―0楽天 ( 2018年8月4日    楽天生命パーク )

<楽・ロ>最後を締めた益田(右)からウイニングボールを受け取るボルシンガー(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ロッテ・ボルシンガーは8回2安打無失点と二塁さえ踏ませず、岸との防御率1、2位対決を制し、両リーグ1位の13勝目。球団外国人選手の13勝以上は03年のミンチー(14勝)以来15年ぶりだ。

 「1週間、変えたことはない。水分をしっかり取ったくらい」。7月29日の西武戦では4回6失点と2敗目を喫し、連勝記録は外国人投手タイの11で止まったが、中5日のこの日は打者の手元で動く直球がさえ、7回まで打者21人斬り。チームは勝率5割で3位に浮上し、首位・西武の黒星で自力優勝の可能性が復活した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月5日のニュース