何が…巨人・菅野 自身初3戦連続4失点以上「打開しないと」

[ 2018年8月5日 06:05 ]

セ・リーグ   巨人6―4中日 ( 2018年8月4日    ナゴヤD )

<中・巨>初回から打ち込まれ、小林(左)から力なくボールを受け取る菅野(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 巨人・菅野は5回10安打4失点で降板し、悔しさをにじませた。「早い段階で試合の流れをつかんでいたら、こういう苦しい展開にはならなかった」。2点を先制した直後の初回。先頭・京田を遊ゴロ失策で出すと3連打で同点とされた。1点を勝ち越した直後の3回にも4連打で逆転を許した。3者凡退は2回のみ。制球力に強みを持つが、この日は3ボールに7度するなどリズムに乗れなかった。

 自身初の3戦連続4失点以上。高橋監督は「チームがこういう時だからこそきっちり投げてほしい」と奮起を促した。打撃面では、犠打を決め、同点打も放つなど貢献した。それでもエースに求められるものは大きい。「苦しいピッチングが続いているので何とか自分の中で打開しないといけない」と前を向いた。 (岡村 幸治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月5日のニュース