大谷 テレビゲームで同僚と絆深める クラブハウス中に笑い声が

[ 2018年8月5日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス7―4インディアンス ( 2018年8月3日    クリーブランド )

<インディアンス・エンゼルス>試合前、笑顔を見せる大谷(AP)
Photo By AP

 【記者フリートーク】全体練習前。エンゼルス・大谷はクラブハウスで同じ24歳の新人フレッチャーとテレビゲームに夢中になっていた。任天堂の人気ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」と「マリオカート」。

 業務用のアーケードゲーム機のため、2人とも立ったままコントローラーを操作。大谷は「やばい、やばい」と何度も叫び、クラブハウス中に笑い声が響き渡った。日本と違うメジャーの環境をとことん楽しむ。試合でも2人の呼吸はピタリと合って、14年以来続いていた敵地プログレッシブ・フィールドでの連敗を10で止めるヒーローとなった。(大リーグ担当・柳原 直之)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月5日のニュース