おかわり13号も12残塁じゃ…辻監督「しびれるのはまだまだ先」

[ 2018年8月5日 05:30 ]

パ・リーグ   西武3―6日本ハム ( 2018年8月4日    メットライフD )

<西・日>8回2死一、三塁、3ランを放つ中村(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 西武が3連勝を逃した。6点を追う8回に中村が右越え13号3ラン。7月以降10本目の本塁打は空砲となり「ストレート一本待ち。タイミングがしっかり取れている」と言葉少なだった。

 ウルフが6回4失点、打線も5回2死満塁の好機を逃すなど12残塁と投打に精彩を欠いた黒星。再び2位・日本ハムと2・5ゲーム差になったが、辻監督は「しびれるのはまだまだ先じゃないですか。こういう戦いが続くよ」と泰然としたものだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月5日のニュース