慶応 生井 中越の強打者は「内角をしっかり攻めたい」

[ 2018年8月5日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第1日   慶応―中越 ( 2018年8月5日    甲子園 )

 慶応(北神奈川)のエース左腕・生井が強気の内角攻めで中越(新潟)の坂井封じを誓った。

 試合前日の公式練習ではノースロー調整。新潟大会で打率.417の右打者に対して「内角をしっかり攻めたい」。北神奈川大会準決勝・東海大相模戦では森下を徹底した内角攻めで1安打に抑えて勝利。内角の制球力には定評があるだけに「やってきたことを出すだけ」と腕をぶした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月5日のニュース