ソフトB長谷川勇 意地の代打同点二塁打「ぶった切る感じ」

[ 2018年8月5日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―3オリックス ( 2018年8月4日    ヤフオクD )

<ソ・オ>延長10回1死一、二塁、左中間フェンス直撃の適時二塁打を放つ長谷川(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・長谷川勇が意地の一打を放った。1点を追う延長10回1死一、二塁の場面で代打で起用されると、増井が投じた初球の直球を捉え左中間フェンス直撃の適時二塁打。

 「来た球を打った。準備はしていた。自分のスイングの角度だけチェックして、あとはぶった切る感じ」と振り返った。

 ▼ソフトバンク・牧原(4回無死三塁から先制の中前適時打)誠知(上林)がチャンスメークしてくれたので外野フライでもいい気持ちで打った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月5日のニュース