広島・菊池は8番 丸V弾 “タナキクマル”解体

[ 2018年8月5日 05:30 ]

セ・リーグ   広島4―2DeNA ( 2018年8月4日    横浜 )

<D・広>2回1死二塁、田中の中前適時打で生還する菊池(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 不振の広島・菊池をプロ7年目で初めて8番で起用。田中、菊池、丸の自慢の「タナキクマル」の上位を崩して臨んだ打線で2回までに4点を奪った。

 丸は初回に右越えの24号先制2ラン。今季92試合目で昨季マークした自己最多の本塁打数を更新した。菊池も「何番であろうとやることは変わらない」と2安打1打点で勝利に貢献。緒方監督は「(下位は)制約なくスイングできるから」と説明した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月5日のニュース