中央学院のプロ注目二刀流・大谷 登板ないまま姿消す “代役”西村は指揮官絶賛の完投

[ 2018年8月5日 16:55 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第1日・1回戦   中央学院4-5済美 ( 2018年8月5日    甲子園 )

第100回全国高校野球選手権大会<中央学院・済美>試合に敗れ、汗と涙でぐちゃぐちゃな中央学院・大谷(撮影・近藤 大暉)
Photo By スポニチ

 初出場の中央学院(西千葉)は済美(愛媛)に競り負け、夏の甲子園初勝利はならなかった。

 初回に1点を先制されるも、その裏に1死二塁から3番・青木が左前に同点適時打。さらに1死三塁から4番・大谷の左犠飛で勝ち越した。

 4回には3点を勝ち越されるも、その裏に1点。8回にも1点を返して追いすがったが、最後の1点が遠かった。「せっかく甲子園に来たんだ。楽しもう。楽しまないと損だぞ」と選手を送り出したという相馬幸樹監督は、「悔しい、悔しいです。中央学院らしい野球を心掛けていたが…。(相手先発・山口の)変化球に対応するのが難しかった」と唇をかんだ。

 5月に頭蓋骨骨折の重傷を負った、背番号1を背負うプロ注目の二刀流・大谷は登板はなかった。相馬監督は「(リリーフは)考えなかった。勝ち上がれば?そういう準備はさせていた。当然、投げさせてやりたかったが…」。大谷は「今は西村の方がいい投手。今の自分では抑えられない」とマウンドへの思いを断ち、「4番・右翼」として先発した。代わって先発した西村は8回完投で151球の熱投。指揮官は「100点満点。粘り強い投球をしてくれた」と称えた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月5日のニュース