藤蔭 アリ作戦で星稜に挑む「何とかくっついていきたい」

[ 2018年8月5日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第1日   藤蔭―星稜 ( 2018年8月5日    甲子園 )

「アリ作戦」で星稜に挑む藤蔭ナイン                          
Photo By スポニチ

 藤蔭(大分)は「アリ作戦」で難敵に挑む。原秀登監督は「星稜さんと普通にやっても勝てない。ただ“アリが束になればゾウをやっつけることもある”と言い聞かせてきた。何とかくっついていきたい」と語った。

 練習では、全員がコンパクトなスイングを徹底し、強いゴロで内野手の間を抜いた。打線はコツコツ単打でつなぎ、投手は丁寧に低めを突いてしのぐ。「アリ地獄」に落とし込めば勝機は見えてくる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月5日のニュース