巨人・今村 プロ初完投初完封で3勝目 中日は5連勝のあと連敗

[ 2018年8月5日 16:30 ]

セ・リーグ   巨人2―0中日 ( 2018年8月5日    ナゴヤD )

<中・巨>プロ初の完封勝利を挙げ、小林(左)と抱き合う今村(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 巨人が、先発・今村のプロ初完投初完封の活躍で、中日に快勝した。

 3回まで1安打に抑えられていた打線は4回、先頭のマギーが、中日先発・山井のスライダーを完ぺきに捉えて、左中間席へ13号先制ソロ。「先頭打者だったので、出塁を意識して、強いスイングができるボールを待っていた。フェンス直撃くらいかなと思ったので全力で走ったよ」と、全力プレーでチームに勢いをつけると、2死一塁から、マルティネスが右中間への適時二塁打を放って1点を追加した。

 この2点を今村が守り切った。140キロ前半の直球に、スライダー、フォーク、90キロ台のカーブを織り交ぜた緩急自在の投球がさえた。9回には2死から2安打されたものの、6安打無失点と三塁を踏ませぬ好投。プロ初完封初完投で、今季3勝目を挙げた。

 中日の先発・山井は7回5安打2失点と粘投したが、打線が応えられず。チームは5連勝のあと2連敗を喫した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月5日のニュース