夏の甲子園開幕 阪神“ホーム”京セラDで逆転2連勝 代打・鳥谷渋〜くV打

[ 2018年8月5日 21:42 ]

セ・リーグ   阪神3―1ヤクルト ( 2018年8月5日    京セラD )

<神・ヤ>5回無死一、三塁、代打・鳥谷の二ゴロの間に勝ち越す(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 高校野球の夏の甲子園が開幕した5日、阪神が大阪・京セラドームでの主催試合を制し、前日4日に続く逆転劇で2連勝を飾った。

 1点を追う5回、先頭のロサリオがフェンス直撃の中越え二塁打で出塁。中谷も右中間への適時三塁打で続き同点とした。なおも無死一、三塁で小野の代打・鳥谷の叩きつけた二ゴロの間に勝ち越し。これが決勝点となった。

 通称「死のロード」に突入した阪神は3勝3敗の五分に。28日のヤクルト戦まで甲子園での試合がない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月5日のニュース