DeNA 最下位転落 京山誤算4失点…チーム7戦連続で先制許す

[ 2018年8月5日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA2―4広島 ( 2018年8月4日    横浜 )

<D・広>5回を9安打4失点だった京山(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 先発・京山が2回までに失った4点が響き、DeNAは4月6日以来の最下位転落となった。初回、丸に2ランを浴びると、2回にも2失点。5回9安打で毎回走者を出し「攻撃にリズムをつくれず申し訳なかった」と反省した。

 チームは7試合連続で先制を許し、いずれも2回までに失点。ラミレス監督は「先発投手が試合をつくらないと厳しい」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月5日のニュース