【青森】福島出身の八戸学院光星・長南主将 ゴジラと再会熱望

[ 2018年8月1日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会・甲子園見学 ( 2018年7月31日 )

ナインとともにリラックスした表情を見せる八戸学院光星・長南(左)(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 福島出身の八戸学院光星・長南主将がゴジラとの再会を希望した。5日の開幕日には、巨人などで活躍した松井秀喜氏が始球式を行う。

 15年3月に東日本大震災の被災地を支援するイベントで松井氏から生い立ちや野球について話を聞いた。地方大会で打率5割をマークした長南は「今の自分があるのは松井さんに出会えたから。始球式が終わったあと、ぜひもう一度話がしたい」と目を輝かせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月1日のニュース