DeNA・梶谷 右手首付近に死球「動かすと激痛」 登録抹消へ

[ 2018年8月1日 22:56 ]

セ・リーグ   DeNA1―7巨人 ( 2018年8月1日    横浜 )

<D・中16>2回1死二塁 梶谷は右腕に死球を受け退場(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 DeNA・梶谷隆幸外野手が巨人戦の2回、右手首付近に死球を受けて途中交代。2日に出場選手登録を抹消されることになった。

 試合後、右手首に包帯を巻いて球場から出てきた梶谷は「とりあえず、痛い。(今は)使い物にならない」。ベンチに戻ってからはアイシングなどの治療を受けたというが「痛み止めの薬は飲んでいるけど、動かすと激痛が走る」と話した。

 「死球のあとは、かなり腫れていた」とラミレス監督。梶谷は2日以降に病院で改めて検査を受ける予定になっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月1日のニュース