トラウト 自身3度目のシーズン30本塁打20盗塁 26歳までに3度記録は史上2人目

[ 2018年8月1日 14:09 ]

ア・リーグ   エンゼルス6―10レイズ ( 2018年7月31日    セントピーターズバーグ )

エンゼルスのマイク・トラウト外野手 (AP)
Photo By AP

 エンゼルスのマイク・トラウト外野手(26)が7月31日のレイズ戦で30号ソロを放ち、自身3度目のシーズン30本塁打20盗塁を達成した。

 大リーグの公式サイトによると、26歳までにシーズン30本塁打20盗塁を3度記録するのは、ウィリー・メイズ以来、トラウトが史上2人目とのことだという。

 トラウトは走攻守の三拍子が揃った選手として、今や大リーグの顔とも呼ばれる存在。12年に新人王を獲得すると、その後も14年にリーグトップの111打点をマーク。14年と16年にはリーグMVPに輝いた。今季の成績はここまで108試合に出場して打率3割1分2厘、30本塁打、60打点、20盗塁。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月1日のニュース