ソフトB千賀 自己最悪5被弾7失点 首位・西武と9.5差に

[ 2018年8月1日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク4―7西武 ( 2018年7月31日    メットライフD )

<西・ソ>6回2死、山川にソロアーチを浴びた千賀(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・千賀が自己最悪の5本塁打を浴び、ワーストタイの7失点で4敗目。西武打線の勢いを止められず「この打線を考えてしっかり投げないと」と暗い表情だった。

 高めの球をことごとく捉えられた。3回はメヒア、4回は中村に速球を右越えに運ばれた。6回は秋山に右中間に放り込まれ、浅村、山川にも被弾。工藤監督は「悪い時にどうするかが課題」と腕を組んだ。7月は6勝11敗1分け、西武とのゲーム差は最大の9・5まで広がった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月1日のニュース