ハム中田 帯広でサヨナラ打!「無我夢中。打った瞬間抜けてくれと」

[ 2018年8月1日 17:09 ]

パ・リーグ   日本ハム8―7ロッテ ( 2018年8月1日    帯広 )

<日・ロ>帯広のファンの声援に応える中田(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの中田が9回にサヨナラ打を放ちチームの逆転勝利に貢献。貯金を今季最多「13」とした。

 打線は6点を追う8回から猛反撃。8回に中田の適時打や、レアードの3ランで1点差に追い上げる。9回に近藤の適時三塁打で追いつくと、中田が三塁線を破るサヨナラ打を放った。

 ヒーローインタビューでは「自分が打席に入りやすい雰囲気をつくってくれたのは(同点打の)近藤のおかげなので、なんとかチームのために打ちたいと思った。無我夢中だったので、とにかく打った瞬間抜けてくれと」と振り返った。

 前日の釧路に続き、この日の帯広でも劇的な勝利。「普段札幌ドームに足を運べないファンの方々がたくさんいらっしゃると思うので、僕たちも特別な気持ちで試合に臨みましたし、こういう形で勝利をプレゼントできてよかった」と喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月1日のニュース