日本ハム 2軍もサヨナラ勝ち…1軍の5分前に劇的フィナーレ

[ 2018年8月1日 18:14 ]

イースタン・リーグ   日本ハム3―2DeNA ( 2018年8月1日    鎌ケ谷 )

 1軍が北海道・帯広で6点差を跳ね返しての大逆転サヨナラ劇を達成した5分前の午後4時41分、2軍も劇的フィナーレを飾った。2―2で迎えた11回、代打・矢野謙次外野手(37)の右前打を足場に1死二、三塁とし、姫野優也外野手(21)が右犠飛を放ち、サヨナラ勝ち。歓喜に沸くナインの輪の中で、清宮幸太郎内野手(19)もハイタッチを繰り返していた。

 “仕事人”ぶりを発揮したベテラン矢野は「自分が思っていたように投手を攻略できた。1軍も勝ったし、良かったです」と笑っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月1日のニュース