ヤクルト山田哲 球団タイ9戦連続打点「続けていけば流れくる」

[ 2018年8月1日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト3―6広島 ( 2018年7月31日    神宮 )

<ヤ・広>初回無死一、三塁、中前適時打を放つヤクルト・山田哲 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ヤクルト・山田哲が初回無死一、二塁で中前へ同点適時打。9試合連続打点で97年池山、03年ラミレス、14年川端の球団記録に並んだ。

 リーグトップの盗塁も2つ決めて24に伸ばし、3点を追う9回2死一、二塁では粘りを見せる三塁内野安打。反撃は及ばず、首位の広島とは9・5ゲーム差となり、7月の負け越しも決定したが「最後まで諦めないと日頃から言っている。続けていけば流れがくると思うので続けていきたい」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月1日のニュース