松坂、後半戦初登板は5回5安打2失点 勝利投手の権利持ち降板

[ 2018年8月1日 20:13 ]

セ・リーグ   中日―阪神 ( 2018年8月1日    ナゴヤD )

<中・神>5回表無死、中谷を空振り三振に抑えた松坂(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 後半戦初登板となった中日・松坂は5回5安打2失点。勝利投手の権利を持ってマウンドを降りた。

 6月17日の西武戦を背中のねんざのため緊急回避。公式戦は6月8日のソフトバンク戦以来、約2カ月ぶりとなった。

 6四死球と制球難に苦しんだが、2点リードの3回、無死一、二塁から陽川に左越え二塁打を浴び1点差に迫られたものの、1死一、二塁から才木、糸原を二者連続で見逃し三振。要所で踏ん張り、リードを死守した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月1日のニュース