まだ7月なのに…巨人・菅野 自己ワーストタイ今季12被弾「完全に失投」

[ 2018年7月29日 06:55 ]

セ・リーグ   巨人0―4中日 ( 2018年7月28日    東京D )

<巨・中>初回を投げ終えて話す小林(左)と菅野(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 巨人・菅野は1カ月ぶりに小林とバッテリーを組んだが、2本塁打を浴び8回4失点。10勝目を前に自身2連敗で7敗目を喫した。「(小林)誠司もうまく工夫してくれたけど(本塁打は)完全に僕の失投」と悔やんだ。

 0―1の6回、今季ノーアーチの藤井にやや高めに入ったスライダーを捉えられ、右越えに2ランを被弾。8回はビシエドに左中間ソロを浴びた。今季の被本塁打は12本。8月を前に14、16年の自己ワーストに並んだ。高橋監督が「そもそもチームとして多い」と言うように、12球団ワーストの被本塁打数は105に伸びた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月29日のニュース