Dバックス平野が1回無失点 パドレス中軸を抑え今季23ホールド目

[ 2018年7月29日 13:21 ]

ナ・リーグ   ダイヤモンドバックス9―4パドレス ( 2018年7月28日    サンディエゴ )

<パドレス・ダイヤモンドバックス>8回から登板した平野 (AP)
Photo By AP

 ダイヤモンドバックスの平野佳寿投手(34)が28日(日本時間29日)のパドレス戦にリリーフ登板。3番手として1回を投げ、1安打無失点の好投で今季23ホールド目を挙げた。

 中1日の平野は7―4とリードの8回から登板。3番から始まる打線で、1死から4番・ホスマーに左前打を許したが、5番・ビヤヌエバを右飛、6番・ガルビスを見逃し三振に切って取り、無失点とした。この日の球数は打者4人に対して17。

 試合は9回に追加点を挙げたダイヤモンドバックスが9―4で勝利。登板2試合連続でホールドを挙げた平野は49試合に登板して2勝2敗23ホールド、防御率2・20とメジャールーキーイヤーで安定した働きを見せている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月29日のニュース