【南神奈川】横浜、鎌倉学園下し3年連続甲子園!万波特大2ランなど16安打圧勝

[ 2018年7月29日 14:09 ]

第100回全国高校野球選手権記念南神奈川大会決勝   横浜7―3鎌倉学園 ( 2018年7月29日    横浜 )

<横浜・鎌倉学園>3回無死二塁、スタンド上段に飛び込んだ万波(左)の左越え2ラン(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 横浜が鎌倉学園を下し、3年連続18度目の優勝を飾った。

 初回に4番・万波が中越えへ先制適時二塁打を放つと、3回には左中間上段へ2ラン。さらに8回は左越えフェンス直撃の二塁打と大暴れ。チーム16安打の猛攻をけん引した。

 昨秋県大会で鎌倉学園に敗れてセンバツ出場の道を断たれた。今春の県大会でチームとしてはリベンジしたが万波は途中出場だっただけに「秋は自分に1本出ていればというところで1本出ず敗退した。きょうにかける思いは誰よりも強かった」と振り返り「きょうは少しでも勝利につながるプレーができたなら良かった」と安どの表情を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月29日のニュース