ソフトB、育成1年目の左腕・大竹を支配下登録「驚きの方が大きかった」

[ 2018年7月29日 11:43 ]

支配下選手登録され笑顔を見せる大竹耕太郎(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクは29日、育成ルーキー大竹耕太郎投手(23)を支配下登録することを発表し、ヤフオクドーム内で会見が行われた。年俸は600万円で、背番号は10。

 「今年中の支配下登録を目標に取り組んでいたので、一つ目の目標をクリアできて、嬉しく思う。そこを目指してやってきたが、実際は驚きの方が大きかった」

 熊本・済々黌高出身の大竹は早大を経て、育成ドラフト4位で今年、入団。技巧派の左腕で、ウエスタン・リーグトップとなる8勝を挙げており、6月度の「スカパー!ファーム月間MVP賞」を獲得した。平均で135キロだった球威を上げるためにフォーム改造に着手し、現在は平均140キロまで上がり、最速は143キロをマークした。「1軍で投げられるチャンスが近くなって、モチベーション高くやれる。背伸びせずに、2軍でやってきたことを100%出していきたい」と意気込んだ。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月29日のニュース