張本氏“大リーグの選手は下手”に小宮山氏が持論「とんでもないやつらがいる」

[ 2018年7月29日 09:42 ]

野球評論家の張本勲氏
Photo By スポニチ

 野球評論家の張本勲氏(78)が29日、TBS系「サンデーモーニング」(日曜前8・00)に出演。日本人メジャーリーガーの活躍に言及した。

 この日のゲストはロッテや米大リーグでも活躍した小宮山悟氏(52)。小宮山氏は24日(日本時間25日)のレイズ戦で今季初完封を記録したヤンキースの田中将大投手(29)に「大あっぱれ」と切り出し、「田中が1人で投げ切ったのはすごい。メジャーは分業制が確立されているのでめったに見られない」と称賛した。

 25日(日本時間26日)のホワイトソックス戦で9号本塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平投手(24)について、張本氏は「ぼちぼち。並の成績ではないですかね。(負傷した)右の肘が完ぺきじゃないのかもね」とコメント。小宮山氏は「完ぺきじゃないって割には(本塁打は)すごく飛びましたね」と苦笑いを浮かべた。

 司会の関口宏(75)が、「小宮山さんもメジャーで活躍してましたが、ハリさん(張本氏)はメジャー(の選手)は下手だって言っているんです」と“告げ口”すると、小宮山氏は「そうなんですか?野球の質で言えば日本の方が上だと思います。でも、能力の高さだと、とんでもないやつらがたくさんいますから。それと互角でやるのは大変なことです」と自身の経験も踏まえて持論を展開。張本氏も「体力はね…」と納得していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月29日のニュース