ソフトB 工藤政権下初の後半戦借金 先発陣不振「投手が我慢しないと」

[ 2018年7月29日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク1―7楽天 ( 2018年7月28日    ヤフオクD )

<ソ・楽>厳しい表情の工藤監督(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 摂津が3回途中4失点KO。ソフトバンクが最下位の楽天に連敗し借金1を抱えた。後半戦で勝率5割を切るのは13年7月26日以来5年ぶりで工藤監督就任後は初。

 4敗目を喫した右腕は「先発としての仕事ができず、チームに申し訳ない」と肩を落とした。先発陣はクオリティースタート(6回以上、自責点3以下)を8試合連続でクリアできず。工藤監督は「最初に点を取られるとひっくり返す状態にないのかなと思う。投手が我慢しないといけない」と厳しい表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月29日のニュース