楽天・田中 球団3人目プレーボール弾「“初球からいかんかい”と」

[ 2018年7月29日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天7―1ソフトバンク ( 2018年7月28日    ヤフオクD )

<ソ・楽>初回、先頭打者本塁打を放った田中はナインとタッチ(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 楽天・田中が初回、初球先頭打者本塁打を放った。

 摂津の139キロ直球を左翼席まで運び「試合前に平石監督代行から“初球からいかんかい”と言われていた。変化球でも振ろうと思っていた」。13年岡島、17年茂木に続く球団3人目の記録。今季9号で7点大勝の口火を切り「先制点を取って有利に戦える状況にできた」と満足げに振り返った。平石体制となってから「1番・中堅」に固定され好調をキープ。自身初の2桁本塁打が見えてきたが「欲は出さずに、次の1打席に集中したい」と謙虚に話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月29日のニュース