【隠しマイク】フクロウを見た栗山監督「だから絶対に勝つと思ったよね」

[ 2018年7月29日 08:30 ]

<日・オ>ウイニングボールを手に、栗山監督とポーズを取る堀(左)(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 ◎日本ハム・清水は休日だった26日に横尾、石井一とレアードのホームパーティーに招待されたことを明かして「途中からトンキンも来ました。通訳はいなかったので5人全員がカタコトで会話してました」。楽しそうですね。

 ◎試合前の囲み取材でDeNA・ラミレス監督は報道陣に「155キロの直球のような、ストレートな質問をどうぞ!」。打ち取る自信がありません…。

 ◎巨人・内海は、育成から支配下登録されたマルティネスを見かけ「おっ!マルティネスティネス!」。リズムがいいので、思わず復唱してしまいました。

 ◎中日・荒木は東京ドームを訪れていた赤星憲広氏(本紙評論家)に「あと3つ。33歳でやめた選手に41歳のおっさんが追いつきます」。赤星氏の通算381盗塁まで残り3に迫りました。

 ◎北海道栗山町の大自然の中で暮らす日本ハム・栗山監督はオリックス戦でプロ初勝利を挙げた堀について「昨日の夜中にフクロウを見たんだよ。優勝した年(16年)以来かな。だから絶対に勝つと思ったよね。だって(堀は)フクロウに似てるから」。似てます。

 ◎ビニール袋を片手に練習に姿を見せたロッテ・吉田は中身を聞かれると「自分の7つ道具です。実際は7つもありませんけど…」。そこまで厳密でなくても大丈夫ですよ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年7月29日のニュース