ドミニカ共和国 投手陣も盤石 現役メジャーの面々が奮投

[ 2017年3月11日 05:30 ]

WBC1次ラウンドC組   ドミニカ共和国9―2カナダ ( 2017年3月9日    米国・マイアミ )

<ドミニカ共和国・カナダ>4回1失点と好投したマルティネス(AP)
Photo By AP

 ドミニカ共和国は投手力も盤石だ。カージナルスで昨季16勝のマルティネスが先発し、4回1失点の好投に「国のために戦うという夢がかなった」。7回以降はコロメ、ベタンセス、ロドニー、ファミリアと昨季メジャーでクローザーを担った面々が無失点リレーを見せた。

 ベンチには1月下旬に交通事故で急逝した同国出身のヨルダノ・ベンチュラ投手、アンディ・マルテ内野手のユニホームが飾られた。前回大会でラッキーアイテムとなったバナナのレプリカも持ち込まれるなど、チームの結束も固い。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月11日のニュース