大谷 今季初実戦いきなり2ラン!第1打席は適時打 3番DHで教育L出場

[ 2017年3月11日 12:51 ]

イースタン教育リーグ   日本ハム―楽天 ( 2017年3月11日    鎌ケ谷 )

<イースタン教育リーグ 日・楽>3回1死二塁、大谷は右中間本塁打を放つ
Photo By スポニチ

 日本ハムの大谷翔平投手(22)が11日、イースタン教育リーグ・楽天戦(鎌ケ谷)に「3番・DH」で野手として今季初めて実戦に出場。土曜日で満員となった観衆から大きな歓声を浴びて向かった初回1死二塁の第1打席で、楽天の横山から中前適時打を放った。前日には「実戦で色々と確認したい」と話していた大谷は、その後の走塁でも無難な動きを見せた。

 3回1死二塁で迎えた第2打席では、カウント1―1から外寄りのシュートを捉えて右越え2ラン。低い弾道のライナーでスタンドに飛び込んだ。

 大谷は昨年10月の日本シリーズの走塁で痛めた右足首の状態が今年に入ってもなかなか上がらずにWBC日本代表を外れ、2月のキャンプからここまで別メニューで調整。投球練習再開のメドが立たない一方で、患部に負担が少ない打撃や走塁は順調に調整を進めてきた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月11日のニュース