上原 1回0封も「肘の位置」課題 ムネは2戦連続打点

[ 2017年3月11日 05:30 ]

オープン戦   メサ ( 2017年3月9日    カブス6―8マリナーズ )

マリナーズ戦の6回から登板し、1回を無安打無失点のカブス・上原
Photo By 共同

 上原は1回を無安打1四球無失点に抑え、宝刀スプリットで2三振を奪った。2試合連続の無失点。ただ、カットボールを投げる際に右肘が下がり、直球でも同じように下がるため「肘の位置が気になる。もうちょっと制球を良くしたい」と今後の課題を挙げた。

 川崎は7回の守備から途中出場し、9回に左前適時打で2試合連続となる打点。オープン戦の打率を・316に上げ「この時期、結果は関係ない。元気な体で野球がやれている、そこだけがいいこと」と淡々と振り返った。 (小林由加通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月11日のニュース