4年ぶり現役復帰も…カナダ・デンプスター ブランク響いた2回4失点

[ 2017年3月11日 05:30 ]

WBC1次ラウンドC組   カナダ2―9ドミニカ共和国 ( 2017年3月9日    米国・マイアミ )

<ドミニカ共和国・カナダ>2回4失点で降板したデンプスター(右)(AP)
Photo By AP

 メジャー通算132勝87セーブを挙げ、13年を最後にいったん現役を退いたカナダ先発デンプスターはブランクを克服できなかった。

 2回に4失点し、この回限りで降板。「ミスを見逃してくれなかった」と脱帽し、アーニー・ウィット監督は「弱点のない、いいチームだった」と相手を称えた。また、巨人のマシソンは7回に登板し、1イニングを投げて味方の失策絡みで1失点。昨季DeNAでプレーしたロマックは、9回に代打で空振り三振に倒れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月11日のニュース