仙台育英 左眼窩底骨折も…正捕手・尾崎ベンチ入り

[ 2017年3月11日 05:53 ]

第89回選抜高校野球大会組み合わせ抽選会 ( 2017年3月10日    毎日新聞大阪本社オーバルホール )

<センバツ組み合わせ抽選会>対戦が決まり、健闘を誓いあう福井工大福井・北川(左)と仙台育英・西巻の両校主将
Photo By スポニチ

 <宮城・仙台育英>手負いの正捕手を聖地に立たせるため、全員で勝ち進む。1月下旬に左眼窩(か)底骨折で離脱し、手術を受けた尾崎が、驚異的な回復を見せている。まだ視界不良はあるものの、リハビリに励んで日を追うごとに回復。今月8日から解禁となった練習試合にも出場しているという。

 佐々木順一朗監督は「状態がどうであれ尾崎はベンチに入れる。悩まず、楽しんで打席に立てる場面で出したい。選手にはそこまでくじけるなと言った」。北信越大会覇者の福井工大福井(福井)との初戦が決まり、西巻主将は「上位まで踏ん張って勝っていきたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月11日のニュース