前橋育英 丸山が「1番・投手」 離脱エースの穴埋める

[ 2017年3月11日 05:30 ]

第89回選抜高校野球大会組み合わせ抽選会 ( 2017年3月10日    毎日新聞大阪本社オーバルホール )

<センバツ組み合わせ抽選会>対戦が決まり、健闘を誓い合う中村・山本(左)と前橋育英・飯島の両校主将
Photo By スポニチ

 <群馬・前橋育英>アクシデントを全員でカバーする。昨秋のエースだった吉沢が5日に右足首を捻挫し、今大会メンバーから外れる。昨秋に背番号8ながら抑え役を務めた左腕・丸山が新たに背番号1をつけ、「1番・投手」で起用される見通しだ。

 初戦の相手は21世紀枠の中村(高知)に決定。荒井直樹監督は「吉沢はショックだったと思うが、他の子にチャンスが与えられる。ベンチ入りメンバーでカバーできるのも大きい。日本一を目指すのに変わりはない」とプラスに捉えた。1メートル92の長身右腕・根岸も控え、指揮官は「丸山も根岸も普通にやってくれると思う」と期待を寄せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年3月11日のニュース