健大高崎 左腕にお家芸足攻 “雪辱”期す

[ 2017年3月11日 05:30 ]

第89回選抜高校野球大会組み合わせ抽選会 ( 2017年3月10日    毎日新聞大阪本社オーバルホール )

<センバツ抽選会>組み合わせが決まり、握手をする札幌第一・中村(右)と健大高崎・湯浅の両校主将
Photo By スポニチ

 <群馬・高崎健康福祉大高崎>最強の1、2番がお家芸の足技を見せつける。青柳博文監督は「1番・湯浅(主将)と2番・小野寺は今まで以上」と走塁に自信。

 初戦の相手、札幌第一(北海道)のエース冨樫は盗塁が難しい左投手だが、湯浅主将は「気にしない」と言い切った。15年春には同じ北海道勢の東海大四に準々決勝で敗れ指揮官は「なんとか勝ちたい」と雪辱を期した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2017年3月11日のニュース