オリ 新外国人コーク 巨人戦で5回無安打無四球 外野に打球飛ばず

[ 2017年3月11日 17:48 ]

オープン戦   オリックス6―0巨人 ( 2017年3月11日    ほっと神戸 )

5回を完全に抑えたオリックス・コーク
Photo By スポニチ

 オリックスが投打で巨人を圧倒した。ほっと神戸でのオープン戦に新助っ人・コークが先発。メジャー通算22勝の左腕は、5回を投げて打者15人に対して無安打無四球と一人の走者も許さなかった。

 右打者の膝元に食い込む変化球を有効に使い、ゴロゴロゴロ…と実に11のアウトを内野ゴロで奪取。外野には一度も打球を飛ばさせず、3奪三振の圧巻の投球だった。

 2番手・西も3回1安打無失点。9回は新助っ人右腕・ヘルメンが打者3人で締めた。終わって見れば1安打完封リレー。打線も巨人先発・吉川を攻めて5回に一挙5点を奪い、投手陣をリードした若月は2安打4打点の活躍だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月11日のニュース