川崎3試合連続安打も「手応えはゼロ」

[ 2017年3月11日 08:51 ]

オープン戦   カブス10―11マリナーズ ( 2017年3月10日    ピオリア )

 カブスの川崎は10日(日本時間11日)、マリナーズとのオープン戦に「7番・遊撃」で出場し、2打数1安打だった。内容は空振り三振、中前打で、5回に代走を送られて退いた。チームは10―11で逆転サヨナラ負けした。

 川崎が3試合連続安打を放ち、メジャー昇格をアピールした。5回1死から中前打。追い込まれながらの巧打に見えたが「手応えはゼロ。理想通りにはいかない」と内容には不満げだった。

 試合前には同じ35歳のマリナーズの岩隈と再会した。「同級生として、いつも刺激をもらっているのですごくうれしかった。パワーをもらった」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月11日のニュース