斎藤佑 教育リーグで2安打無失点 開幕1軍へ「ポジションはどこでもいい」

[ 2017年3月11日 16:15 ]

7回を投げ終えた斎藤佑(左)は捕手・石川亮から声をかけられる
Photo By スポニチ

 開幕1軍を目指す日本ハムの斎藤佑樹投手(28)が11日、イースタン教育リーグの楽天戦(鎌ケ谷)で6回から2番手で登板。3回を投げて2安打無失点に抑えた。

 「左打者の内外角の投げ分け」をテーマに臨み、今季から軸としているツーシームも試しながら好投。昨季は3年ぶりの未勝利に終わり、背水の覚悟で臨む右腕は「自分の中では(投球の)幅が広がったと思う」と手応えをにじませた。今月2日の中日戦、5日の巨人戦(ともに札幌ドーム)ではともに中継ぎで1回を無失点。この日は先発も見据えて長いイニングを任された。

「ポジションはどこでもいい」と話すように当面の目標は開幕1軍。今後も必死にアピールを続ける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年3月11日のニュース